パン教室の正しい選び方!それぞれの特徴を押さえよう

本格的にパンについて学ぶなら?教室・専門学校の魅力

パン職人の働ける場所

パン職人はホテルやスーパー、専門店など、様々な場所でパンを製造します。パン職人は一見、それほど苦難がある職業には見えないかもしれませんが、実は仕事自体はハードなことも多いようです。その為、パン職人を目指すなら、それぞれの場所でどんな仕事内容があるのかを予め確認してから就職を決めるといいでしょう。

パン教室の正しい選び方!それぞれの特徴を押さえよう

調理器具

個人経営のパン教室は安い

個人経営しているパン教室では、大手のパン教室よりも年間にかかる費用がリーズナブルで比較的に通い安いです。また、講習自体も少人数でのレッスンが多く、講師との距離も近いために、パンについての質問・疑問が聞きやすいです。年間にかかる費用やサポート体制においては、個人経営のパン教室がオススメでしょう。

大手のパン教室はカリキュラム重視

一方、大手のパン教室はカリキュラムが固定化されており、年間に学べるパンの種類が明確にわかります。さらに、作れるパンの種類は個人経営のパン教室に比べて、圧倒的に広く、自宅では中々作れないパンも指導してくれます。その為、色々な種類のパンを作りたいという方なら大手のパン教室が最適でしょう。

資格取得なら専門学校へ

パン教室では、パンの作り方や知識を教えてくれますが、本格的に資格を取得するなら、やはり専門学校へ通うことをオススメします。専門学校では、カリキュラム・コースに応じて、パンに関わる資格を取得することができます。また、卒業後には大手のホテルやレストランで働くということも可能なので、将来的にパン職人として働く方は専門学校を検討してもいいでしょう。

広告募集中